タイのチップ事情

日本にはないチップ習慣。海外には様々な事情がありますが、タイに行くとき気を付けていくべきことを書いてみました。

タイは基本的にチップの習慣がありません。

ただし、バンコク・パタヤ・プーケット観光地では昔から欧米からの観光客が多い為、欧米人がよくチップを渡しているので、チップを貰いなれているようです。観光客がよく行くところでは、外国人からはチップを貰うのは普通という感覚が一般的です。観光客が行く場所、つまり、ホテル・レストラン・マッサージ店などではチップを渡すことは一般的です。

私の個人的な感覚ですが、20バーツを基本としてチップを渡しています。

------

ホテル : ベッドメーキング、ルームサービス、荷物運び、その他のお願い事は一回に付き20B

レストラン: 中級以上のレストランでは、請求額にサービス料金10%が含まれています。サービス料はチップに相当します。お勘定の時にレシートを確認してサービス料が含まれていない場合のみ、テーブル、または伝票のところにチップを置くということでもいいです。中級以下の飲食店ではチップは必要ありません。露天でも不要です。

マッサージ店: 1時間20Bを目安とします。2時間だと40Bという感じです。

タクシー: チップは必要ありません。(私は個人的に小銭を使いこなせないので、20B以下の小銭受け取らないです)

------

チップを向こうから要求してきた場合は、払うことはありません。チップはあくまでも感謝の気持ちを表現する行為です。

感謝の気持ちを要求してくるのは、不快じゃありませんか?しかし、欧米のようにチップを渡さないことは社会の基本ルールに反しているということではないので、気楽に考えてもいいようです。

つまり、チップは「気持ち」ですから、すごく良いサービスをしてもらったら、「大変満足です」という気持ちを表現する代わりに、心づけを渡すという感覚です。気に入らない場合は、チップを渡さなくてもいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る