飛行機の離陸時に耳が痛くなるのは?予防法は?

飛行機の離着陸の時に耳が痛くなったことありませんか?

急な気圧の変化が原因です。

気圧は上空に行くほど低くなります。そのため、機内では調整が行われますが、通常0.8気圧までしか調整できません。 地上は1気圧ですから、地上と機内では20%の気圧差が生じ、離着陸時に急な気圧の変化が起こります。

主な症状は痛みや、耳が詰まるような違和感などです。軽症なら、数分~数時間で治ります。重症の場合は激しい耳の痛みや低い耳鳴りも起こります。いつまでたっても治らない場合や明らかに重症と思われる場合は専門医の治療を受ける必要があります。

予防はできるのでしょうか?

ある程度予防は可能です。 離着陸時に、チューインガムを噛んだり、アメをなめるなどできます。
よく、機内に搭乗するとき、キャビンアテンドさんが飴を配りますよね。以前、何も知らなかった私は、飴を貰って離陸する前に食べきっていました。このサービスが気圧変化の予防だったとは、最近気が付きました。

また、鼻の状態が悪いときは、点鼻薬で鼻水や鼻づまりを緩和させていると予防になります。

 一言英会話

●耳が詰まった感じがします。My ears feel like they are plugged.

●今耳が聞こえにくい状態です。I’m having difficulty hearing.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る