やきものの町波佐見③中尾山交流館

波佐見焼発祥の地、中尾山は400年の歴史ただよう町です。現在でも20もの窯元がその歴史を守っています。山中の細い坂道を歩いていると、陶器の成形される姿を垣間見たり、器が天日干しになっている光景を見れます。ギャラリーも点在して、立ち寄っては好きな器を探すこともできます。和食器好きにはたまらない場所。

まず、高台にある中尾山交流館へ向かいます
dsc04242-01交流館の駐車場に車を停めて、中へ。入場無料
dsc04243-01ここは波佐見焼の史料館&ギャラリー&案内所で、中尾山にある窯元の作品が展示販売されています。ここでお気に入りを見つけて、窯元を巡るのがお勧めだそうです
dsc04223-01ここでお気に入りを見つけて、窯元を巡るのがお勧めだそうです


目移りしまくりです。シンプルでカラフルな和食器も最近人気です
dsc04227-01鬼木の棚田で作るお米もこちらで購入できるそう。食器の横に窯元の名前があるので、チェック
dsc04224-01波佐見焼の勉強もできます
dsc04225-01ここで地図やパンフレットを貰いました。見学ができる窯元さんなども教えてもらって器探しに出かけるのがいいですよ。さて、ここから徒歩で行けるギャラリーへ向かいます。



中尾山交流館
長崎県東彼杵郡波佐見町中尾郷157
℡:0956-85-2273
定休日:火曜日、お盆、年末年始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る