マカオ 世界遺産 大堂(カテドラル)


聖ポール天主堂の近くに位置して、階段の坂を上がったところにある教会です。1622年に創建されたイエスの弟子、聖ラザオを祀る教会です。実はこの教会はマカオで一番重要なカトリック教会です。外見は他の教会に比べて、一見地味だけど、内装はステンドグラスが多く使われて、水色が多いきれいな光となり教会が色鮮やかに落ち着いた雰囲気に囲まれます。内部の写真は撮れないので紹介できなくて残念。でも、二階の素敵なブルーのステンドグラスは外からでも分かりますね P3230740-01
聖ポール天主堂跡から徒歩で数分で来れるのですが、天主堂と比べて人が少なくて、静かです
P3230739-01 - コピー隣接する建物はパステルイエローで鮮やかな印象が目を引きます。教会の施設です
P3230742-01目の前には大堂広場があります。噴水を囲んでベンチがありとっても静かな憩いの場所となっています
P3230735-01 - コピー

大堂(カテドラル)
住所:No.1 Cathedral Square

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る