伊勢神宮の内宮を参拝

 伊勢参りハイライトはここ天照大御神をお祀りする内宮です。外宮を先に参拝してから、内宮へお参りするのが伊勢参りの基本です。

天照大御神様は八百万の神々の中で中心に位置され、日本人の総氏神です。太陽の神様で全てを照らす生命力の源です。

さて、お馴染みの宇治橋です。お正月にはいつもテレビでこちらの橋を見ていました。平成21年に架け替えられたヒノキ造りの橋です。俗界と聖域の境です。心を落ち着けて行きましょう!

DSC00037-01

朝 9時近くの様子です。朝の方が、人も少なくて、清掃もされたばかりで清々しい感じがします。玉砂利の参道は真っ直ぐと続き、芝生のお庭はよく手入れがされています。お昼近くになると、込み合ってきますから、砂利の砂埃で汚れますよね。

DSC00039-01

DSC00038-01

 五十鈴川です。御手洗場で参道に手水舎もありますが、こちらで手を川に浸して みそぎをしました。

 DSC00040-01

DSC00041-01

正宮です。とうとう来ました!鳥居の向こうには天照大御神様がご鎮座されています。この国に生まれるご縁を頂いたことに感謝をお伝えしたいと思います。

DSC00042-01

DSC00043-01

桜もキレイですね。神々に守られ、紀元前4年に神宮が造営されたといいます。こういう聖地をもつ国は少ないのではないでしょうか。正直私は日本人を意識して生活する機会は普段あまりありませんが、この度では日本人にはこんなに素晴らしい心のよりどころがあることが大変有り難く、誇らしく感じました。

DSC00046-01次回参拝するときは、 もうちょっと勉強してこようと思いました。観光ではなく、違う旅にしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る