バンコク旅行で夜の花市場 


バンコクの王宮近くにあるフラワーマーケットもバンコクのおススメ観光スポットです。24時間運営している花市場で「パーククロンフラワーマーケット」(Pak Khlong Flower Market)です。店舗を構えているところもありますが、道端で生花を売る露店が多く、夜10時以降に一番賑うところです。バンコクで最大の花市場なので、タクシーで「フラワーマーケット」と言えば、すぐにこの市場に連れてきてもらえますよ。時期にもよりますが、夜の方が気温が低く過ごしやすくなるので、見て歩くには夜の方が個人的に好みです。沢山の種類のお花が売っていて、日本では見かけない色彩の花々が美しく、花の香りが心地いい♪ でも、あまりの無造作な花の扱いに驚きです。だって、生花は水にもつけていないんですよ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA蘭が国民的な花で、よくタイで見かけます。タイの蘭は生産量、輸出量ともに世界一です。タイ航空のロゴにもなってますよね。OLYMPUS DIGITAL CAMERA多種多様な蘭が山積みOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA黄色い花はマリーゴールドです。葉や茎は全て取り除いて売られてますね。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「マライ」という伝統的な花飾りが売られています。タイの様々な場面でみかけます。 お供えとして仏壇などに飾られたり、お守りとして車のバックミラーに飾ることもあります。白い花はジャスミンです。純白の花は清い心の象徴とされていて、献花やお供えとして人気があります。OLYMPUS DIGITAL CAMERA 夜の10時過ぎだというのに、店頭で細かい作業をしている姿を見かけます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA蓮の花です。独特のおおらかさを感じます。OLYMPUS DIGITAL CAMERAただ見て回るだけで、花は買ってません・・・数泊しかしない観光客にとって、花を買うことは少ないかもしれませんね。でも、ジャスミンなんかの花びらをホテルの浴槽にたっぷり贅沢に入れて、フラワーバスってできますよね。 いい香りが癒してくれますよ、きっと!今度タイに来たときに、やってみましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る