シンガポール・コンラッド宿泊記④ラウンジでカクテル

シンガポールのホテルを選ぶときに重要視したのが、充実したラウンジの有無。コンラッドのラウンジ利用ができるお部屋に泊まる場合は、朝から夜の11時過ぎまで自由に出入りできるうえ、軽食のサービスが一日に3回(朝・3時・晩)あります。その上、ホテルスタッフのデスクがあるので、常に旅の情報・手配を気軽に受けることができるのもポイントが高いです。個人旅行の場合は非常に助かります。
宿泊費も標準の部屋と比べても、そこまで高くないんです。私の場合はいつも最安値保証のヒルトン公式のホームページから申し込みます。何回かヒルトン系列に泊まるとポイントが貯まって無料宿泊やマイレージがもらえます(他の代理店やツアーでヒルトンに泊まってもポイントは付かないので注意)コンラッドホテルを含むヒルトン系の場合は一番お得な泊まり方は公式ホームページです。

さて、イブニングカクテルでラウンジに来てますDSC01574-01ワインと夜景を楽しみにきましたが。花よりダンゴで先ずは軽食をチェックしてみましょうDSC01584-01海老の揚げ物ですがこれが一番好き。緑のソースはワサビ味で美味DSC01587-01これも海老の点心 DSC01586-01

DSC01585-01ワイン。ホテルのスタッフが 色々と持ってきてくれますDSC01575-01お酒が飲めない人もデザートで満足してましたDSC01583-01

DSC01578-01さて、コンラッドの31階の最上階からの眺め。夕暮れ時。高層ビル群はシェントン ・ウェイで、アジアのウオールストリートと呼ばれる金融街DSC01581-01高層ビルの煌めきが日暮れとともに際立ってきます。ワインを片手に・・・自分に酔ってるDSC01591-01やっぱり夜景目当てで人も沢山ラウンジに集まってきてます。欧米人の宿泊客で賑ってますね。結構ゆっくりと過ごしたので、お腹が一杯。やばい夕食が入らないかも!お腹減らしにホテルからボートキーのあるシェントン ・ウェイまで歩いてから、お腹がへったらどこかのお店で食べようということになりました。
さて、歩くぞ!!マーライオンの顔も拝んでやる!

★関連記事★
コンラッド宿泊記①ラウンジ>>コチラ
コンラッド宿泊記②部屋>>コチラ
コンラッド宿泊記③ラウンジ午後>>コチラ
コンラッド宿泊記⑤朝食>>コチラ

コンラッドホテル最低価格保証&無料宿泊ポイント
詳しくはコチラから>>公式ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る