海外での携帯電話の使い方ー高額請求を防ぐ方法ー



 

何も分からないで海外で携帯電話を使うと、日本に帰ってきて電話の請求書が数十万!なんて話は珍しくないんです。
スマホを普段通りに海外利用して、料金的に一番お得な方法を紹介します。 まず、なぜ海外で携帯電話をすると高額になるのかを説明します。 ●海外で電話をするのは全て国際電話になる。 旅先ですぐ近くにいる添乗員さんに電話をすると、回線は外国→日本→外国と日本経由の回線になるので、日本に電話をかけなくても全て国際電話料金となります。(ドコモで米国ハワイから日本へかけると1分140円) ●海外では着信の電話を受けた場合も料金が発生する。 日本国内は電話を掛けた場合のみ料金が発生しますが、海外では着信料が請求されます。料金は旅行先で異なります。 ●SMS(ショートメッセージ)は送信1通の場合100円、受信は無料。 ●携帯メールは送信・発信が有料。 通信料はサイトやネットワーク状況によって異なります。(ドコモの通信料&送受信方法>>コチラ) ●海外でのインターネット接続は超高額!(この解決方はコチラ 通信料金はサイトやネットワーク・国状況によって異なります。スマホのアプリは勝手に自動更新をするものがあるので、インターネットを使用した覚えがなくても、アプリが勝手に動いてることがあります!恐ろしい! ●海外パケホーダイは1日1980~2980円(この解決方はコチラ 長期旅行は10日間で約3万円。2~3日の契約ならまあ1万円以内ですが、長期はやはりお得感はなくなりますね。それも日本時間が基準ですから、現地の時間を合わせたりすると結構気を使います。あと渡航前に契約や設定など手続きが必要です。



 

以上のことを知らないでスマホを使用すると、高額請求書になる危険性は大きいんです 。 それでは、高額請求を防ぐように注意するポイントです! 初心者編携帯電話は切る。 出発する時に電源を切って、使わないことが最善の方法。旅行は日常から離れる唯一の方法ですし、数日間ぐらいなら、この際思い切って使わないのはどうでしょう。 中級編機内モードに設定する。 通話・通信はできない機能なので、高額請求になることはありません。他の携帯電話の機能(写メ・目覚まし・メモ)は通常どおり使えます。 ●データーローミングをオフにする。 電話はつながるようにしておいて、インターネットの接続をしない場合はお勧めです。通話料も使用しなければ0円です。ただし、ローミングオフ設定は機種によって異なります。(設定方法は>>コチラ上級編(1番オススメ) ●海外用のWi-Fiをレンタルする。 今はもう上級ではなく常識になりつつありますが、レンタルwi-fiだと海外でスマホでインターネット検索やラインが簡単・割安です。携帯電話会社の「パケし放題」よりwi-fiのレンタルは料金が半額以下で手続き簡単です。国際電話もラインの電話を使えば、国際電話料金は発生しません!! 詳しい説明は別の記事で説明しています⇒コチラ



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る