釜山 BIFF広場の昼と夜

地下鉄のチャガルチ駅を出るとすぐにBIFF広場があります。私の今回滞在した南浦洞のグローバルインからもブラブラ6~7分程歩けば到着です。ホテルが近いので、この界隈の様子を時間を変えて覗き見ることができました。
お昼と夜に立ち並んでる露店のお店の様子が違うんですよ。先ずは、明るい時間。韓国観光警察?という名前ですが、観光案内所のようです。警察が案内しているかは確認してませんが・・・。警察の紋章ですね。DSC02721-01土曜日の午後4時頃は人も多いです。
DSC02630-01露店も営業または準備を始めています。露店を見るとお祭りのようで、こういう雰囲気がかなり好きです。
DSC02632-01スイーツから焼き鳥系まで食べ物の種類が豊富
DSC02629-02一本3000ウォン(約350円)って安い?高い?
DSC02633-01

DSC02634-01

DSC02635-01日が暮れて行くと、お昼と違う雰囲気になります。更に賑やかに~
DSC02660-01

DSC02659-01

DSC02638-01おっ、海苔巻き(キンパッ)専門屋台
DSC02682-01
DSC02684-01お酒を呑める屋台も、夜には登場。
DSC02663-01緑のテントが並ぶエリア。何かなと見てたら、どうも占いをやってます。人気がある占いのブースには人が待ってます、何かを食べながら・・・
DSC02662-01日本語がOKの占いもあり、面白そう。勿論 屋台だけでなく。店舗のお店もありますが、中身を直接見れるので広場を歩くだけで楽しめます。この広場では軽く前菜やデザァートを取るという形で、私のメインは別の所でいただきます。勿論グルメこだわりの私は釜山名物へと向かいます。釜山へ来た理由はその名物を食べるため。続きは後で・・・

BIFF広場
地下鉄1号線チャガルチ駅3番出口を出てすぐ

BIFF広場周辺記事★
チャガルチ市場>>コチラ
釜山の味コンジャンオを食べる>>コチラ
国際市場 露店>>コチラ
甘川文化村>>コチラ
南浦洞コーヒーショップ>>コチラ
お勧めホテル(南浦洞周辺)>>コチラ
ホルモン通り>>コチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る